Copyright © 2012 Wegener SurfBoard Japan. All rights reserved.

トムは、サンディエゴのUCSDを卒業後、波予報の本を発表する。時期を同じくして、ドナルド・タカヤマの門下に入り、ボードシェイパーとしてのキャリアもスタートさせる。がしかしある日、彼は弁護士として父親の事務所で働く事になる。その間は好きなサーフィンもできずプライベートな時間もまったくなかった。やがて彼は自分自身の生活を大きく変化させる。会社を辞め釣具店で働きながら好きな時に好きなだけサーフィンをする生活を選択し、プロサーファーとしてその名を世に知らしめる。

そんな中メキシコ版エンドレスサマーと呼ばれるサーフムービー、シエスタアンドオラス(昼寝と波)に主演。それがきっかけとなり今の妻である最愛のマギーと知り合う。それを機に彼はホームタウンを離れる決心をしオーストラリアへと移住する。彼が選択したのはロングボードの聖地、ヌーサヘッドであった。そこでシェイパーとしてボードビルダーとして生計を立てる事にしたのだった。オーストラリアでの彼は真剣にサーフィンと向き合い、やがてカスタムシェイパーとしての地位を確立する。2人の子供も授かる。


現在の彼はと言うと、3000坪の広大な土地に自宅と工場を構え、自らサーフボードの原料であるパウロニアという種の成長の早い桐の木を育て、そしてそこから美しいウッドボードを作り出している。将来的には森を広げ宿泊施設を作りトラベルサーファーに提供したいと考えている。なぜなら彼は誰よりもサーフィンを愛し、子供から大人まで一人でも多くの人にサーフィンの楽しさを伝えたいからである。

サウスベイに在住する名シェーパーとしてその名を知ない者はいない。BING,Hap Jacobs の元でシェープの技術を学びロングボードシェープを現代に継続させ、 自らのアイデアを用いて進歩させている。兄であるトムの影響を受けてアライアのシェープに没頭しカリフォルニアのサーファー達にウェグナーアライアの素晴しさを広めている。 また、自身でパウロニアのブランクスを作り、たくさんのシェーパー達にウッドの良さを伝え送り続けている。2009年日本に来日GREENROOM FESTIVAL,THE PRESENTプレミア,FISH FRYの イベントに参加してウェグナーアライアを日本のサーファーにアピールした功績は大きい

トム・ウェグナー

ジョン・ウェグナー

TOPtop.html
NEWSnews.html
ABOUT
SURFBOARDSsurfboards.html
ALAIASalaias.html
MOVIEmovie.html
CONTACTcontact.html